3月15日はオリーブの日

昭和25年のこの日、四国を訪問された昭和天皇が小豆島にお立ち寄りになられ、オリーブの種を御手播きされました。

小豆島とオリーブについて

1908年(明治41年)農商務省からオリーブ栽培の委託を受けた香川県・三重県・鹿児島県の3県で試験栽培が開始されました。その内、小豆郡西村(現 小豆島町西村)で栽培されたものだけが、先人たちの努力により栽培に成功しました。そして、小豆島は日本のオリーブ栽培発祥の地となりました。

オリーブウィーク開催イベント

オリーブミニリースづくり体験

[時間] 8:30〜17:00
[場所] オリーブ記念館
[料金] 無料

オリーブ博士になろう
オリーブ博士チャレンジ検定

[時間] 8:30〜17:00
[場所] オリーブ記念館
[料金] 無料

自分だけのオリジナル
ハーブオイル&ビネガー
要予約

[時間] 10:30〜11:30
14:00〜15:00
[場所] 温室
[料金] 1,800円
[定員] 各回先着10名

オリーブの歴史に触れながら
ボランティアガイドと歩くオリーブのある風景

[時間] 9:00〜12:00
13:00〜16:00
(5分コース・30分コース)
[場所] オリーブ記念館
[料金] 無料